勃起不全に効くサプリランキング完全版

勃起不全サプリランキング!

 

勃起不全を改善するには

 

勃起不全を改善するには、勃起不全が起こっている原因を潰さなければなりません。勃起不全は様々な原因によって発生しうるため、まずは原因を特定することが重要と言えます。

 

勃起不全は必ずしも身体的な問題によって発生しているわけではないため、問題が心因的なものであるにもかかわらず高額の精力剤やED治療薬に手を出しても解消することはありません。まずは勃起不全の原因が何なのかを特定してからでなければ改善の糸口はつかめないと言うことを頭に入れる必要があります。

 

勃起不全の原因としてよくあるのは、心因的なもの、ペニス周りの血流に問題があるもの、男性ホルモンの分泌不足やバランス崩壊によるものなどです。

 

これらはいずれも加齢によって問題が表面化してきがちであり、問題の特定が難しい点が解決の困難さに拍車をかけます。この中で、ペニス周りの血流の改善を前身の血流を改善させることによって実現するのは、勃起の問題のみならず体全体の健康維持に役立ちますので、真っ先に取り組んでもらいたい点です。

 

具体的には、しっかりと時間を掛けた入浴や定期的な有酸素運動、血流改善に有効なしょうが・唐辛子等の香辛料を食事に取り入れる、血管を収縮させるタバコは禁煙する、などです。

 

それでも効果が無い場合は、病院で診察を受け、ストレスが原因でないかどうかだけ客観的な判断を受けることが必要です。

 

ホルモンバランスの問題は判断が難しく、また歳を取ればだれでも多かれ少なかれ男性ホルモンの分泌が減りバランスも変化していくため、男性ホルモンバランスを整える対策は最後の一手となります。

 

勃起不全の原因

 

加齢によって勃起力が衰えてきたり、あるいは全く勃起しなくなってしまうと言った問題はよく聞かれるものです。

 

性機能とは男女ともに加齢によって衰えやすいものではありますが、個人差が大きいことからもわかるように加齢による身体機能の低下が全てというわけではなく、生活習慣などにもよるところが大きいのです。勃起とは海綿体の充血によって起こる現象ですので、特に血流悪化が勃起機能の低下、あるいは不全に関わっていることは非常に多いのです。

 

加齢による血流悪化リスクは複数あり、そもそも動脈硬化やそれに起因する狭心症・心筋梗塞のような心疾患が高齢者に集中しているところから、血管そのものが加齢によって健康状態が損なわれていくと言うことができます。

 

血管が柔軟性を失い硬く狭くなるということは、当然ながら血流を悪化させる要因です。特に悪いことに、ペニス表面などの血管は一部太く浮き出ていることから全て太いと勘違いしがちですが、血管のほとんどは非常に細いのです。

 

ですから血管の状態悪化によって容易に詰まってしまい、ペニスに十分な血流がいかなくなる原因となります。

 

もともと加齢によって血管が傷んでいくとは言え、脂質まみれの食事などは有意に血管の状態を害していきます。また喫煙や過度の飲酒は血管を収縮させ血流そのものを直接的に悪化させますので、こちらも短・長期的両面において勃起力の悪化につながると言えます。

 

勃起不全と性欲減退は比例するもの?

 

勃起不全の原因は様々で、ペニス周辺の肉体的要因によって起こったり、男性ホルモンのバランスによって起こっていたりしますが、勃起不全が起こると心配になるのが性欲減退です。

 

勃起の不十分さ加減と性欲の減退は比例して起こるのでしょうか?それは勃起不全の原因によって変わってきますが、勃起不全をそのままにしていると性欲減退が進行するという傾向は見られるようです。

 

勃起不全は、おおまかに分けるとペニスが勃起しようとしているのに肉体的な理由、特にペニス周りの血管の問題によって海綿体の充血が起こらない、あるいは不十分になってしまうという原因と、ホルモンバランスの崩れや分泌減少によって勃起自体が起ころうともしないという二つの原因にわけられます。

 

この例で言うと前者の勃起不全は必ずしも性欲減退と結びつきませんが、後者の勃起不全は男性ホルモンの分泌量減少によって性欲減退を併発することが多いです。

 

勃起不全と性欲減退が重なると、そもそも勃起不全を解消しようという意欲自体が失われていき、パートナーとの関係が少しずつ崩れていく大きな原因となります。

 

また、いずれの原因にしても、勃起不全によって勃起や射精という行為を行わずにいると、男性ホルモンの分泌量が減っていきそれが性欲減退につながることは大いにあります。そのため、勃起不全を発症している期間と性欲減退の度合いは概ね比例するということは言えるでしょう。

 

勃起不全と早漏の関係

 

勃起不全と早漏……一見して相反する要素のように思えるかもしれませんが、実はこの二つは同時に併発することが非常に多い症状なのです。

 

勃起不全が完全に不能状態でない限り、不完全な勃起状態でも膣内に挿入し行為自体は行えますが、その際に非常に短時間で射精に至ってしまうことが多く、勃起までに時間がかかる上に行為がすぐに終わってしまうことで男性側の心理的な負担が非常に大きいのです。

 

 

勃起不全と早漏の原因は重なる部分が大きいため、両方とも同時に改善していくことが望ましいです。

 

勃起時のペニスは敏感だという事実は男性ならば誰もが実感するところですが、射精に至るまでの時間は完全に勃起した状態で刺激を与えるのが最短とはなりません。

 

いわゆる半立ちの状態で刺激を与え続けると、むしろ完全に勃起した時よりも早く射精してしまうものです。

 

そして勃起不全によって勃起しきらない状態で行為を行うと、勃起まで時間がかかってみっともない、勃起しきらないのはみっともないという本人の心理的要素も重なり、非常に短時間で射精に至ってしまうというわけです。

 

つまり、勃起不全と併発しておこる早漏は、身体的・心理的の両方の要因によって発生していると言えます。

 

特に勃起不全に対して引け目を感じている場合、早漏も心理的要素がかなり大きく働いた結果起こっている場合が多いです。

 

ですから、勃起自体は不完全であっても起こっており、行為自体は可能であるという点をプラスに捉え、あまり引け目を感じることなくパートナーにも理解してもらい余裕を持って行為に当たることが症状の解消には何より重要です。

更新履歴